合宿免許で延長

合宿免許は、約2週間の間に学科や実技を集中的に受けて、免許を取得することができます。
決められたスケジュールの中で、「受けていれば合格できる」のではありません。
約2週間とはいうものの、延長になり1ヵ月、2か月と期間が延びた方もいます。
合宿免許で延長になる理由は3つあります。

まず、学科の勉強をサボり試験に受からなかったケースです。
学科を何のために受けるのかというと、試験に合格するために受けるのですから、学科で学んだことはしっかり復習をして、試験に備えなければいけません。
運転が苦手で、実技教習が進まないケースもあります。
「運転」というものに慣れることができず、どんどんと補習がついてしまうパターンです。

最後に、卒業試験の時ですが、学科試験はパスしたものの、実技試験の際に思わず「教官がブレーキを踏んだ」場合失格となります。
教習用の車には、助手席である教官側のシートにブレーキがついています。
何かあった時のために、教官もブレーキを踏むことができるのです。
もしブレーキを踏まれるようなことがあれば、合宿免許は延長になると考えましょう。
延長になってしまっても、上手く合宿の間に補習を入れてくれるところもあれば、合宿後延長し取得となるケースもあります。
ですが長くても1ヵ月や2か月で取得できるので、安心してください。
当サイトでは、合宿免許の日数に関してご紹介します。
延長や最短日数での合格に不安がある方はぜひ参考にして下さい。


[Special Site]
全国の提携自動車学校100校の合宿免許教習所を紹介しているサイトです > 合宿免許ツーリズム

Copyright © 2014 合宿免許で延長になってしまったら? All Rights Reserved.